実際どうなの?沸かし太郎は電気代節約に有効なのか?

今回は「沸かし太郎」の紹介です。

2014年5月13日TBSテレビ「Gメン99」にて、ガスを使わない節約グッズとして紹介されました。

徹底的に節約をしている、ある家庭を紹介されていて、お風呂は「沸かし太郎」で沸かしていました。

追い炊きよりも、沸かし太郎でお湯を沸かす方が安いんだそうです。

そこで、今回は「沸かし太郎」でどのくらい電気代が節約できるのかを考えてみました。

沸かし太郎の電気代ってどのくらい?

ガス代が節約できるという沸かし太郎ですが、実際に電気代はいくら掛かるのか気になりますよね。

沸かし太郎1日使用して約80円と言われています。

といっても、これは使用環境によって若干は変化するようです。

これは、年間平均気温14℃でお湯250リットルを1日保温した場合としています。

けど、年間平均気温14℃って言われても良く分からないですよね。

っていうか、これはそんなに気にしなくても良いと思います。

実際に使うのってもっと短時間だし、長くても昼から夜まででしょうから。

そう考えれば電気代は更に半分以下になると思いますよ。

沸かし太郎で節約できるの?

沸かし太郎はガスの代わりに電気でお風呂を沸かしてくれるものです。

では、ガスで沸かすのと比べてどの程度節約できるのかも知りたいとこですね。

一般的な都市ガスの場合、15℃の水を、43℃まで上げるのに必要なガス代約99円と言われています。

この時点で、沸かし太郎を1日使うよりも高くなっていますね。

もし、保温(追い炊き)をする場合には更に費用が掛かってしまう事になります。

仮に沸かし太郎を1日使った場合で、年間の節約代は

(99円(ガス代)-80円(沸かし太郎1日使用))×365日=6,935円

となります。

しかし、実際に沸かし太郎を使うのはもっと短時間だと思います。

なので、沸かし太郎を6時間使用した場合の使用代40円(もっと安いでしょうが)とした場合、

(99円(ガス代)-40円(沸かし太郎1日使用))×365日=21,535円

年間で2万円以上の節約ってめちゃ良くないですか?

これだけで、プチ旅行できますよ。

都市ガスでこのくらいですが、プロパンガスや灯油を使っている場合はガス代としては120円近いですからね。

(120円(ガス代)-40円(沸かし太郎1日使用))×365日=29,200円

1日単位で見ると微々たる節約ですが、年間で見ると結構大きな差ですよね。

上手に節約している人ってこうやって浮いたお金を趣味や旅行に回しているんでしょうね。

沸かし太郎の評判・口コミ紹介!

上でいろいろ説明してきましたが、実際の利用者の声ほど参考になる情報ってありませんよね。

楽天市場でもっともレビュー件数の多いショップを調べてみました。
(※2018年12月8日)

総合評価:4.34(378件)
★5:205件
★4:120件
★3:38件
★2:6件
★1:9件

約86%の人が★4以上としていて、非常に好評なようですね。

良い口コミ

冬になるとガス料金が2倍位になるため、我が家でも思い切って沸かし太郎を買ってみました。

冬に水から沸かすと8時間位かかるので、電気代が高くなりますが、ワンシーズン終えた時点では若干光熱費が安くなりました。

それに風呂釜も温まるので、お湯が冷めにくい感じで、とても気持ち良く冬のお風呂に入る事ができました。

夏ですと、水からでも3時間位で沸いたので、とても便利で、電気・ガス代共に例年より、とても低い金額でした。

風呂の湯沸にそのまま使っている。

一回当たり、冬場の今は14時間ぐらいかかって、40度を超える、お湯になるという状態。

普通考えると、とんでもない不良品のようだが、時間当たりの電気代30円で計算すると、370円ぐらいでお風呂を沸かすことができるので、灯油ボイラー換算で、2.6リッターぐらいの消費量となる。

許容範囲だ。少し高いような気もするが、近場の日帰り入浴では500円なので、1回あたり、130円ぐらいの得。

欠点は、通電タイマーが使えないこと。

家にあったタイマーで実験してみたが、通電してからスイッチをオンにしないと起動しない安全設計の為に、通電タイマーでは使用できなかった。

また、追い炊きができないのが、欠点で、使用時には、完全に絶縁してくれと説明書にある。

また、出力を考えると、追い炊きには数時間がかかるであろうことを考えると、無理もないというところだ。

我が家は2代目購入です。
1代目は2年持ちました。

ある日当然、風呂の水が温まらなくなりました。故障したんだ・・・

分解してみると1枚の基盤にコードがくっついているやつだったので、コードが悪いのではないと分かったので修理に出しても無駄だと思ったので新しく買いました。

追い焚きできない我が家の風呂にはこれが一番いいです。

温度調節できるので、子供は40度前後で、私は冷え性なので43度前後で調節できるからです。

あっつ~~いふろに入れるし、満足、電気代もそんなにかからないしよかった。

悪い口コミ

お風呂に入浴中はこの商品を使用出来ないことに届いてから気づきました。温まりながら保温出来ないのはとても不便です(感電防止)追い焚きできないお風呂です 長湯を楽しみにしていたのに~~ どう利用すればいいのでしょうか?

初めて使いましたが、37℃からだったので、すぐに温かくなるとおもっていたけど、4時間たっても、1℃も上がらず。はい、壊れてますね。説明書を何度も見返して、ランプがついているのに全く。MAXの45℃で設定をして一時間立ってやっと1℃上がりました。壊れていない?

口コミまとめ

全体的に光熱費が下がったという評判が多かったようで、中にはリピートする方もいるようでした。

特に灯油やプロパンガスお風呂を沸かしていた人たちは、沸かし太郎を使うようになって、かなりの節約に繋がっているみたいです。

しかし、中にはむしろ電気代のコストが増えすぎているという声も。

どうやら、人によってすぐに故障した、長く使えているという差が大きいようです。

短い人で2,3ヵ月、長い人で2年程で故障しているみたいですね。

多かったのは大体1年ちょっと使ったら壊れたということでした。

都市ガスだと、節約できたとしても、少なくとも1年は使えないとトータルで見ると赤字になってしまいそうです。

プロパンや灯油なら1年以内で元は取れそうですよ。

沸かし太郎の中古はやめて!

ときどき、沸かし太郎の中古品が販売されているのを見かけますが、購入をお勧めしません。

確かに半額程度なので、お得なように思えますが、中古品は少々危険です。

口コミにもあるように何年も使えるようなものではないので、中古品の場合は、

すでに壊れている可能性があります。

例えば、10か月使って、半額で販売されていたらどうですか?

あと2,3ヵ月で寿命かもしれないのに半額だと高いですよね。

それに個人的には他人の風呂で使われていたものを自分で使いたくはないです。

キレイか汚いかはわからないけど、何となく嫌ですよね。

沸かし太郎の最安値はいくら?

楽天・Amazonにて「沸かし太郎」で検索してみました。

楽天:24,000円
Amazon:24,000円

どちらも同価格・送料無料での販売となっていました。

AmazonではAmazonポイント(3% 744pt)が付くようです。

また、プライム会員対象となっていたので、即日発送も無料で可能です。

個人的には楽天での購入をお勧めします。

というのも、楽天ではプレゼント付きで販売されているショップがあります。(保冷剤、漂白剤、タオルなど様々)

また、同ショップでは10倍ポイント(2,400pt)となっていました。

プレゼント付きで2,400ポイント(=2,400円)の方が絶対お得ですよね。

ただ残念なのが、発送まで3~7日掛かるらしいので、届くまでかなり待つ必要があります。

けど、それだけお得なら少々待っても良いかなって思います