日本育児のベビーズゲイト123が売れている!?どんなものなの?

今回は日本育児の「ベビーズゲイト123」の紹介です。

子供がハイハイや歩けるようになってくると行動範囲が広がってきますよね。

目を離したスキにどこかへ行ってしまったり。

家の中にいても危険な場所はあるものです。

けど、子供はそんなこと気にしていません。

出来ることなら安全なエリアで過ごしてほしいものです。

そんな時は部屋の仕切りや廊下に格子をつけて通れないようにしておくと良いでしょう。

様々なゲートがありますが、今回は日本育児の「ベビーズゲイト123」について調べてみました。

ゲート選びの参考にしてみてください。

ベビーズゲイトのスペックは?

ベビーズゲイトに限らず、ゲートを設置するなら、幅や高さなどサイズを知っておく必要がありますね。

自宅の設置しようとしている箇所も合わせて調べておきましょう。

ベビーズゲイト123のスペック

サイズ:幅69cm × 厚さ2.5cm × 高さ76.5cm
材質:スチール
設置可能幅:73~90cm
対象月齢:6ヶ月~満2歳まで
※階段上取付不可

画像は本体のみです。

購入時には拡張フレームというものが付属されていて、それをつけることで最大90cmとなります。

ボルト(突っ張り部分)を伸ばす、拡張フレームを装着するなどして、幅を調整できるようになっています。

記載が分かりづらいですが、”本体+拡張フレームで90cmまで”なので、気をつけてくださいね。

本体だけで90cmまでいけると思って買ったら足りなかったという人もいるようなので。

片手でワンタッチ開閉可能で、奥・手前のどちらにでも開くことができます。

子供を抱えたままでも簡単に開けることができます。

ちなみに、ドア90度以上開けると開いた状態で止まり、90度未満にすると勝手に閉まってくれるようです。

ベビーズゲイトはどこにつける?

画像のように部屋の仕切部につけることができます。

といっても、部屋の仕切りは大抵の場合はドアがついているでしょう。

なので、廊下や階段の手前、ダイニングとキッチンの境などに設置することになるかと思います。

階段の途中には設置できません。
(そんな位置には設置しないでしょうが)

万が一、ゲートに寄りかかって倒れてしまうと危ないので、階段からは離して廊下に設置する方が良いでしょう。

ペットを飼っている場合には、玄関など設置して外に出ていけないようにするのも良いかもしれませんね。

ベビーズゲイトは拡張パネルもあるよ!

ベビーズゲイトの幅は拡張フレームを使っても最大で90cmとなっていますが、家(部屋)の作りによっては足りない場合もあります。

そんなときには拡張パネルを接続することで幅を広げることができます。

拡張フレーム(購入時付属)と拡張パネル(別売り)を接続することはできません。

どちらも本体にのみ接続することができます。

ベビーズゲイトの口コミは?

楽天の口コミ件数が最も多い販売ショップで調べてみました。

クチコミ件数:11,726件(2018年4月13日)
★5:6,220件
★4:4,287件
★3:896件
★2:172件
★1:151件

良い口コミ

9ヶ月間使用での感想です。(現在も使用中)

次女(1歳)のキッチン侵入防止用に購入しました。

出入りの際の利便性を考え上側のロック(?)は使用していません。

扉を持ち上げれば開く状態です。

今、次女が1歳半ですが、まだこの状態で大丈夫です。

開けられるようになったら上のロックも使う予定です。

簡単に取り付けられ満足です。

安いしおすすめです。

インテリア的にも満足です。

壁紙の貼ってある壁に取り付ける際には、つるっとした木片をかましたほうがいいです。

そのままつけると壁紙破けます。

実際に壁紙が貼り付いて破れました。

ホームセンターに売っている木片を買ってきて今は設置してます。

これは住宅の点検に来るプロに教えてもらいましたので確かな情報です。

ただ、長いこと設置すると木片跡がつきます。

壁紙敗れるよりいいので、木片つけるのを選びました。

そっちはダメ~!!・・と言えば言う程行きたがるので、1歳児のキッチンへの侵入防止に購入しました。

取り付けはとても簡単ですがガッチリと設置出来て、大人がボタンをスライドさせて扉を持ち上げないと開きません。

開け放しにしたい時は、オモチャの大きいサイズのローディを扉に挟んでおいています。

お手頃な価格ですが機能性は充分で、ベビーの侵入防止にはとても役に立っているので、購入して良かったと思います。

悪い口コミ

キッチンとダイニングの間に使っています。

購入当時は良いと思っていましたが、子供が成長してきて(9ヶ月の終わりに買って、1ヶ月後)私がキッチンにいる時に、ゲートに登るようになってきて、先ほど大泣きするので見てみると片足(膝から膝下を挟まれて尻もちをついていました)をゲートに挟まれて激しく泣いていました。

足をかけて登った時に、手がゲートから離れたと思います。

挟まれている足が斜めに食い込んでいて、ゲートからなかなか足が外れなかったです。

こちらの不注意もあると思いますが、ゲートに登らないように工夫したり、ゲートがあるから安心と思わず、日々子供成長に合わせて安全対策が必要だと思います。

3ヶ月で壊れました。

扉の上部の金具が折れて、根本が外れてしまいました。

折れた金具が床に落ちましたが、破片が細かく、子供が食べてしまったらと思うとゾッとしました。

商品が思ったより大きくて重いです。

箱から開封して出すのも女性ではやや骨が折れるかもしれません。

柵がもともと歪んでつくられてい、それを壁に押し当てることにより歪みが戻る形式になっています。

ネジを回してその柵の歪みを矯正するのですが、ネジもかなりの勢いで回さないと、強固な柵の歪みを直せません。

また、扉が開閉する際の音も大きく、子供がびっくりするほどです。

値段だけのことはありますが、役目はしっかり果たしてくれています。

口コミまとめ

値段も高くなくて、開け閉めも簡単で好評のようでした。

壁紙を守るために木片を使うという口コミは参考になるのではないでしょうか。

ちょっとくらい幅が合わなくても木片で調整もできそうですね。

良くない評価としては、すぐに壊れてしまう(歪んでしまう)という声が多かったですね。

他にも子供が登ったり、つかまり立ちして手を滑らせて顔をぶつけたという声も1つ2つありました。

さすがにこれらは商品の機能で防止するのは無理でしょうが。

全体的には好評のようでしたが、値段相応という印象を受けました。

ベビーズゲイトを買うなら楽天?Amazon?

楽天・Amazon・Yahooにて「ベビーズゲイト」で検索してみました。

楽天:3,880円(送料無料)
Amazon:3,845円(送料無料)
Yahoo:3,880円(送料無料)

ご覧通り価格差はほとんどありません。

また、ポイント倍率も通常です。

どこで買っても大差ないので、買いやすいサイトからで良いでしょう。

ただ、楽天の場合であれば、クーポンを発行していることが多いので、200円位は安くなりそうですよ。